*開催レポート*SHA.sha.PAKU vol.91「紅葉ミステリー撮影会*秋の京都」 – PHOTO GARDEN
toggle

*開催レポート*SHA.sha.PAKU vol.91「紅葉ミステリー撮影会*秋の京都」

  2021年12月3日  -  最終更新日  

2021.11.25

今年の紅葉は早いかな?遅いかな?

予想が難しいので、当日見頃になっている紅葉スポットに行きますよ~ということでご参加を募った今回のカメラ女子会SHA.sha.PAKU 。

結局例年通りの紅葉具合になったので、参加予定のみなさんと相談の結果、「今年ならまだ比較的空いてるかもしれない!!」と、長年避けていた京都東山王道観光コースに決定!!

まずは祇園でランチ♪

外から見たら完全に京町屋なのに、内装はまるでホテルのバー!

ギャップの激しい「リゴレットスモークグリル&バー」さんで、イタリアンランチ。

立地のわりにはリーズナブルでお腹もいっぱいに!

さ、エネルギー消費させないと!

春も秋も庭園が美しい高台寺へ。

ちょうど紅葉は見頃ということで、期待が高まります♪

石段を上って門をくぐると、はい!出ました!真っ赤なモミジ!

お庭に入るときれいに色づいた樹々が至る所にあり、カメラ女子たち早速夢中で撮影。

ここのお庭のしだれ桜も見事なんですよね~春にも来たいですね!

しばし自由に撮影して、再集合。

「アンドロイド観音」が気になってたまらず、茶店のお姉さんに聞いてみたら「今日は出てこないと思います~」ってww 出てくるもんなん!!!

帰ってから夜中に調べてみたら、ちょっとコワかった。。

ご興味ある方はこちらをどうぞ。

高台寺をあとに、ねねの道を歩いて、八坂庚申堂さんへ。

カラフルな庚申さんが「映える」と若いカップルや女子で賑わっていました。

大人カメラ女子は少し離れて撮影。みんな違う方向いてるナゾ。。

庚申堂を一歩出たら、「ザ・KYOTO」な風景がドーン!

そりゃ、撮るよね~~

平日だというのに、この界隈は着物を着た若い女の子がいっぱい!

結婚式の前撮りしようとやってきていた花嫁さんたちは、人が途切れなくて大変そうでした。

産寧坂で甘いものを食べ歩きすることもなく、コロナ禍のニュースでよく登場するひょうたん屋さんを眺めながら清水寺へ。

さすがに紅葉シーズン!修学旅行生も戻ってきて活気にあふれていました

仁王門への階段をゼーハー言いながら登り、「清水の舞台」へ向かうと雲間から天使の梯子が♪

はぁ~ありがたや~~
撮らなきゃ!撮らなきゃ!

本堂の舞台もいっぱいでしたが、それよりも混雑してたのが舞台を撮影できるスポット!

ぎゅうぎゅうww
やっぱり秋真っ盛りのこの写真は撮りたいよね~
みんな譲り合って撮影

そして徐々に日は傾き、広い境内を思い思いの場所で撮影。

下から見上げると、「清水の舞台から飛び降りる」って相当思い切ったことなんだと実感。
紅葉にもいろいろな色があるんですね~

帰り口近くの池で写り込みを撮るのに夢中なみなさん。

ここでSHA.sha.PAKU は終了。

人混みのなか、たくさん写真撮りながら歩いて、お腹いっぱい食べたランチはだいぶ消化したかな?

その後、ご都合つく方だけで(といってもほとんど全員でしたが笑)もみじで有名な永観堂のライトアップへ。

拝観入口はテーマパーク並みの長蛇の列!!

境内もそれほど広くないので大混雑!!

そして重さに負けて明るいレンズを持ってこなかった私は撃沈…ブレブレww

みなさん、ライトアップ撮影時は頑張って明るいレンズも持って行きましょう!

永観堂で一番よく撮れたんちゃう?と思う写真がコレ↓

・・・いや、どこ!!?(泣)

一日お付き合いくださったみなさま、お疲れ様でした!

秋の京都はやっぱりきれいでしたね~

12月のSHA.sha.PAKU は、9月に行くはずが延期になってた駒井家住宅と、東寺の弘法市を訪れます。

そう言えば京都が続いてますね。今のうち、今のうちですから!

12/21(火)開催の「2021年撮り納め!終い弘法を撮ろう♪」はまだ若干名の空きがあります。

東寺の骨董市、楽しみです♪ ご都合つく方、いかがでしょうか?

今年も残りわずか。

日々を大切に過ごしていきましょう!

LINEで送る

カテゴリ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。