*開催レポート*ナチュラクラシカで撮る「冬の京都*着物さんぽ」 – PHOTO GARDEN
toggle

*開催レポート*ナチュラクラシカで撮る「冬の京都*着物さんぽ」

  2019年2月5日  -  最終更新日  

2019.2.2

富士フィルムさん、トミカラーさんご協力のもと、既に生産終了になっていながら未だ人気が衰えないナチュラ・クラシカを1人1台レンタルしていただき、京都祇園界隈を着物姿で撮影さんぽしてきました♪

はじまりは清水寺。

とってもいいお天気♪

まずはフィルムの入れ方や、使い方を富士フィルムの営業担当さんからご説明いただきました。

フィルムさえ入れられたら、あとはほぼシャッター押すだけで撮れるので、みなさん問題なく撮影開始!

フィルムちゃんと巻けたかな?

有名な「清水の舞台」は工事中だったので、拝観せずに産寧坂へ向かいます。

冬でも春節が近いせいか観光客がいっぱい!


ナチュラなら軽いし、着物のときでもさっと撮れて便利♪

お互い撮り合いっこしたり、かわいいものを見つけたりしながら、京都らしい風情ある街並みを歩きました。

いつもなら地面に這いつくばったり、足を開いて撮影してるカメラ女子たちも、今日はおしとやか♡

初対面の方同士も、すぐに打ち解けてモデルになったり撮ってみたり・・

しかし京都はやっぱりどこを見ても絵になりますね~
イノダコーヒーの前に佇むと、一気にタイムスリップしたみたい!

そして、八坂の塔へ。

石畳の小径と塔、写真撮らずにはおれません。

でも考えることはみな同じ。

たくさんの方が夢中で撮影してたので、どうしても他の人がかぶってしまい、少し撮って移動。

私も前から着物着て撮りに来てみたかった八坂庚申堂。

カラフルな庚申さんが映え度抜群!!

ここでフィルムを撮り終えないといけなかったこともあって、みなさん夢中で撮影。

どうにかほぼ24枚撮りを1本撮り終えて、近くで待機してくださってたトミカラーさんに同時プリントの依頼。

なんとスムーズな連携プレイ!!笑

フィルムを預けたら、約2時間のフリータイム。
それぞれで昼食をとっていただき、午後3時に長楽館に再集合です。

長楽館そばの大谷祖廟の参道がお気に入り♪

長楽館は、明治時代に煙草王といわれた実業家、村井吉兵衛によって建てられた迎賓館でした。京都市の有形文化財にも指定されているクラッシックな建物や内観が素敵です。

ちょっと敷居の高いこちらで、ケーキセットをいただきながら、先ほど撮って超特急で同時プリントしていただいた写真を見せ合いっこしました。

うまく撮れたかな?

24枚の中から1枚を選んでいただいて、今月半ばから約1か月間、近鉄新大宮駅・JR奈良駅付近のトミカラー本社で展示します。

ご都合よろしければ、ぜひ足をお運びください。

みんなはチョコレートケーキだったんだけど・・・足りなくなったので私はいちご♡

撮影会終了後、みなさんに感想を聞いてみると、
「着物を着る機会ができて嬉しかった!」
「またフィルムでも撮りたい!」
という声をたくさんいただきました。

またナチュラやフィルムカメラを使っていただける機会も作りますね。

みなさん、ほんとに美しかったー!!
ご参加ありがとうございました。

ご協力いただきました富士フィルムさん、トミカラーさんも、ありがとうございました。

※このブログ掲載の写真はすべてFUJIFILM X-T10での撮影です。

LINEで送る

カテゴリ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です