*開催レポート*西川ヒトシ先生の「スピード感たっぷりにボートレースを撮ろう!」 | PHOTO GARDEN
toggle

*開催レポート*西川ヒトシ先生の「スピード感たっぷりにボートレースを撮ろう!」

  2018年9月15日  -  最終更新日  

2018.9.8

行ってきました!競艇!!

最近は”ボートレース”っていうんですね。
住之江公園駅から、インパクト大!!な渡辺直美さんのポスターを辿っていくと…

はい、来たっ!!
ボートレース住之江

今回はこちらで、前回の競馬でもお世話になった西川ヒトシ先生にご指導いただき

「スピード感たっぷりにボートレースを撮ろう!」開催してまいりました。

競馬の桜花賞では家族連れなど、たくさんのファンで賑わっていましたが、
G1レースもなかったせいか、週末とはいえ空いていて、撮影するには好条件♪

望遠レンズがない方には、OLYMPUSさんにご協力いただき、OM-D E-M5 MarkⅡとレンズをレンタル♪

簡単に先生からご説明いただいてから、いよいよ入場。

改札みたいなゲートに100円玉を投入して入場できました!

入口では若い女性スタッフが数人お出迎えしてくれます。

「オススメ観戦スポット」や、初心者に丁寧に楽しみ方を教えてくれる案内所もありました。

もう何十年も生きてきてるのに、ボートレース場は初めて!

あちこち興味深くてキョロキョロ…

ん?

和男 43才… もしかしてここで誕生日迎えたとか??

あ、「はじめての競艇レポート」じゃなかったね

西川先生に撮影するのにいいポイントや、カメラ設定などについて教えていただき、

まずはレース場を見下ろすスタンドから。


ちなみにボートレース女子を略して「ボレジョ」と言うそうです。ワインみたい

しばし好きな場所でレースを撮影。
シャッタースピードを1/1000で撮ったり、1/150で流し撮りしたり。

photo: Hitoshi Nishikawa

さすが先生の写真はカッコイイ!!

ボートレースは「よーいドン!」でスタートではなくて、

制限時間内にスタートラインを越えればいいそうで、

いつ走り出すのかわかりにくくて油断できない

始まった!と思ったら、テスト走行だったり、もうちょっと知識が必要。

それでもひたすら連写!!したらたまにはこんなふうに当たりも撮れる

何レースか撮ってるうちに徐々に理解してきて、

せっかく来たからには一攫千金も狙って行こう!

ってことで舟券買いに(笑)

買い方も先生に教えてもらって、

6隻が1度に出るのですが、50~60%は1枠が勝つと聞き、欲張って2連単で1-2,1-3,1-6購入。

参加者さんたちも撮影のレッスンのときより乗り出して聞き入ってました 笑

結果、この時に限って6号艇が勝ち競馬に引き続きギャンブル運のなさ発揮コツコツ働きます。。

photo: Hitoshi Nishikawa

住之江はナイターレースがメインのボートレース場だそうで、
暗くなるにつれ、人が増えてきました。

ナイター照明が水面を照らしてキラキラときれい

一旦、レッスンは残り3レースのところで終了。

心配していたお天気も、レッスン中だけは上がって時折晴れ間も見えるほど

「お疲れ様でしたー!」と言った瞬間

ポツっ

今日も神様ありがとう!!

 

なかなか少人数では行きにくいボートレース場ですが、入ってみるといろいろ面白くて、撮影も夢中になりました。

また機会があれば練習しに行きたいです!(賭け事は向いてないのでしませんよー)

ご参加いただいたみなさん、西川先生、ありがとうございました

 

西川先生には、また冬に星景写真のレッスンをしていただく予定です。お楽しみに♪

 

LINEで送る

カテゴリ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です