*開催レポート*SHA.sha.PAKU vol.68・69「隠れ家カフェと教えたくない紅葉名所①②」 – PHOTO GARDEN
toggle

*開催レポート*SHA.sha.PAKU vol.68・69「隠れ家カフェと教えたくない紅葉名所①②」

  2019年12月12日  -  最終更新日  

2019.11.28,12.5

カメラ女子会SHA.sha.PAKUの11月12月は、ご応募殺到につき2回連続企画となりました「隠れ家カフェと教えたくない紅葉名所」

教えたくないといいながら、結局ブログで公表してしまってるのですが(笑)

行先は滋賀県大津市にある、坂本という比叡山の麓の街。

比叡山で修業された僧侶たちが高齢になって隠居した里坊がたくさんある、風情ある街並みが続きます。
坂本について詳しく知りたくなった方はこちらをご覧ください。

お腹が空いては不機嫌になるカメラ女子たち。

まずはランチからスタートです。

日吉大社の鳥居が立つ参道にある「おうち食堂 tuku_ta」さん。

ほんとにおうちに遊びに来たような落ち着く空間で、お店の方も気さくでいい雰囲気♪

みなさん、早速キョロキョロしながらお店のあちらこちらを撮影。

そうこうしてるうちにお食事が配膳されました。

優しいお味で、メインのほかにいろんなおかずをちょこっとずつ食べられてほっこり(*´▽`*)

スイーツも行こうと思ったけど、お腹いっぱいになってしまって、次回のお楽しみに持ち越し~

ちなみにお手洗いは古民家風な店内とは別世界で、清潔感ある最新式でした。それもまた嬉しいポイント♡ めちゃくちゃかわいいカレンダーも必見です!

みんなランチで満足して落ち着いてしまいそうでしたが、ここからがメインイベントですよ~~

参道脇には小川が流れる紅葉の遊歩道が続き、ここだけでも楽しめます♪

ポートレート好きなメンバーが集まった第1班、早速モデルを立てて撮影開始!

紅葉に映える格好をしてきた方はもれなくモデルさせられます(笑)

恥ずかしがり屋さんが多かった第2班。
1週間違いでかなり落葉していたので、流れてくるモミジの葉を並んで一生懸命撮られてました。

そして訪れたのは旧竹林院。
特に格式の高い里坊のひとつで、国の名勝庭園に指定されているそうです。

目的は、京都の瑠璃光院を思わせる美しい紅葉のリフレクション!

2019.11.28撮影
2019.12.5撮影

こんな美しい風景が、並ばずに、拝観料も気持ち程度でご覧いただける!しかも1階と2階で見れます。

11月は観光バス数台が入ってきて混雑していましたが、12月はまだ紅葉も見れるのにほぼ貸切状態でした。

というわけで、座卓にはりついてみんなで撮影。

シルエットもいい感じ
11月はなかった傘、12月には出ていました。
お庭から入る光や風も心地よい
回遊式庭園もまた素敵!

心ゆくまで旧竹林院を楽しんだら、すぐお隣の日吉大社へ。

こちらの鳥居は独特な形をしています。

延暦寺を開いた最澄が日吉大社を護法神とされたことから、延暦寺に参拝される方々もこの道を通ったので、普通の鳥居の上に合掌の形をつけているといわれてるそうです。

神仏習合・・・習った気がする…(;´∀`)

日吉大社も紅葉の名所。
でも平日ということもあったのか、境内が広大だからか、ゆったりと撮影できました。

例によって第1班はポートレート撮影会に。

2班は晩秋の紅葉のいいとこ探しに一生懸命!

境内には本物のお猿さん(まさると呼ばれてました)と、動かない白馬がいました。

本物のお猿さんは動きが速すぎて撮れなかったので、動かないお猿さんを・・(笑)

手水はお花で埋め尽くされてて映えポイント!
ただ、誰も手を洗ってなかった。。

西本宮と東本宮にそれぞれ違う神様がいらっしゃって、西の方には奈良の大神神社から来られた神様が祀られてるそう。
意外にも奈良と繋がってた!

お詣りしたり、御朱印いただいたり、おみくじ引いたりして楽しむみなさん。

日吉大社では、4月の中頃に山王祭という盛大なお祭りがあるそうで、次回はその時に訪れてみたいなぁ。

11月、12月のSHA.sha.PAKUにご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

次回1月は、10月に台風で流れてしまった「ならまち・高畑 撮り食べ歩き♪」のリベンジ企画!(満席となりました)

2月は毎年恒例の「あすかルビー食べ放題!撮り放題!」と相変わらず食べもんネタが続きます。(2/12(水)開催予定。年内に募集告知予定です)

今年のイベントも、あとは定期写真教室とおとなの遠足写真部”pic”を残すばかり。

慌ただしい季節ですが、みなさまどうぞ風邪ひかないように。

PHOTO GARDENは年末12/26(木)まで、年始1/4(土)より営業いたします。

LINEで送る

カテゴリ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です